スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤十字募金

こんなこと書くと
ああ、私ってなんて小さな人間だろう、と
しばし自己嫌悪に陥るのですが、

まあ
書くんですが。


子供が学校から
赤十字募金の封筒を貰ってきたようで。



この世の中に
「募金」というものが必要なのは理解しているつもりです。
その精神も、実際に集まる金額も。


ただ、
この封筒を見る限り、
募金を集める側にどうしても違和感を感じざるを得ません。





おこづかいを少しずつ出しあって
みんなで協力しましょう。




ひねた見方ですみません。
私には「出しあう」「みんなで」って言葉から
『募金して当然』という印象を受けてしまいます。

「協力しましょう」とありますが、
何に?って思いますし。(主語無し)

それと、そもそも「おこづかい」って
全世帯の子供が貰ってる前提なんですね。

うちの子はまだあげてなかったりするので…。



通常、
「無」の状態からお金を生み出すには
それなりの労働もしくは家財の交換などが必要で、
簡単に手に入るものでは無い。です。

ただ、冒頭書きました通り
募金には相応の意義があるため、何の対価無しに
お金が集まる仕組みとなります。

しかしながら
封筒の文言を拝読するに、
赤十字側の特権意識が透けて見えるというか、
どうやれば上手く集金出来る表現かを
練り上げた文章だな、と、感心しています。


おこづかいを少しずつ出しあって
みんなで協力しましょう。




私は
この二行は不要と考えます。



スポンサーサイト
プロフィール

カタイカラダ

Author:カタイカラダ
1mmでも体を柔らかくしたい思いで綴ります

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
こちらもどうぞ
もしも広告付けるなら
↓こんな方法が便利ですょ
忍者AdMax



リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。