スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安全を教える危険性

言葉遊びのように聞こえますが
わりと真面目に訴えたいことの一つだつたりします…。


簡単な例えで言いますと、

「道路を渡る時は右と左を見て
安全を確認してから渡りましょう」

てな感じで我々は学習しており、
それなりに
安全を確認してるつもりなのですが、


これは数学的にも文学的(?)にも
そもそも全くの誤りであって、

左右を見ることが安全である訳がないのです。

ただ、単に
危険の確率を下げているだけなんです。



ココは
生きていく上で実は非常に重要なことで、

歩道を歩いていたら車が突っ込んできた、

なんてことは
ひと月に一度はニュースになるくらい
残念ながら珍しくもなんともないこと。。

なので、、

100%安全なことなんて
この世に存在しません。



安全という言葉は
とてつもなく重いと考える訳です。私。。

スポンサーサイト
プロフィール

カタイカラダ

Author:カタイカラダ
1mmでも体を柔らかくしたい思いで綴ります

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
こちらもどうぞ
もしも広告付けるなら
↓こんな方法が便利ですょ
忍者AdMax



リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。