スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏休み明け前後に子供の自殺が増える件

昨今、ニュースになってましたね。


子供の自殺、夏休み明けに集中=過去40年、9月1日が突出―文科省「家族注意を」



これ…

もうね、そういう統計が出てて、
子供の自殺が増えると分かっていながら、
ですよ…


(記事から抜粋)
文部科学省は「家庭でも子供の様子の変化に注意してほしい」と話している。







って


解決する気、ゼロですよね。
本当に。。

子供が自殺する可能性が高いんですよね?





私?

私が文部科学大臣なら、
大臣の権限?で、


「お子さんを見て、少しでも様子がおかしいと思われたら
学校を休ませて下さい。

と、
命じます。

緊急の記者会見で、大々的に。
(こんな時くらいでしょ。マスコミが役に立つのは)



ええ。
考える余地もないことです。


甘やかし過ぎ。
とか、
普通の子も便乗して休む。
とか、
子供の心の成長に良くない。
とか、
そのあと、どうする?どうやって登校させる?
とか、


まー
批判は渦を巻く訳ですが、







そんなの関係ない。 と。







まずは
その日に子供を死なせないことが第一なんです。





死んじゃったらね、
もう、戻らないんですよ

絶対に。



だからどんな理屈であっても
子供が自殺することに釣り合う正論は無いと思います。




まあ仮に
文部科学省の人とか
学校の先生方とか

こんなブログをみて

「何を言ってるんだ?」
「責任の無い人間が匿名でなにをほざいて…」

とか

まあ思うんでしょうけど、



そんなのは
人、一人の命でも救ってから言え、と。

あなた達は救う側の人間ですよ、と。




ちょっと過激かもしれませんが
そんな風に思うわけです。

スポンサーサイト
プロフィール

カタイカラダ

Author:カタイカラダ
1mmでも体を柔らかくしたい思いで綴ります

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
こちらもどうぞ
もしも広告付けるなら
↓こんな方法が便利ですょ
忍者AdMax



リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。