権力がタガを外す実例

まずは転載。

<自民>ネット炎上、国会議員2人が記事を削除



まず、
日本という国は
表現であったり、思想であったり、
言論であったり、

その辺、ある程度の自由があるものと
私は認識してます。

なので
先生方の行い(あくまでWebサイトへの投稿の件。昔の行為については別。)
について
犯罪だとか、違法だとかでは無いと思います。


ただし
間違いなく “超” が付く程の
異常な行為です。


誰しも、
記憶を辿れば
一般的にというか社会的に
形式上許容されないことをやった記憶は
それなりにあるのではないでしょうか?


例えば
法定速度30kmの道を、
急いでたので
プラス◯◯kmで飛ばしちゃったとか…


ただ、

例えそれが
一般的に暗黙の了解だったとしても

「ちと急いでたので
30キロ制限の道を50キロで飛ばしてみたw」

なんて、
普通の大人はわざわざ身分を明かした上で
WEBに発信なんてしない訳です。
(未熟な若者なら…まあ散見しますが)

そう。
普通はしない。


じゃあ何故、50歳を超えた、
更に国会議員という地位の方々が
サラリとそんなことをやっちゃうのかと言えば


これはもう
権力による驕り
が引き起こした残念な現象としか
思えないんです。



こんなこと言うとアレですけど…


まあ
言いますが、






今回の先生方が
仮に民主党の議員なら
多分、やってないですよ。あんなこと。



現時点で
一時に比べ支持率は下がれど
それなりに勢力のある
「自民党」の議員だから
ポロリンと出来ちゃうんです。


組織に守られたご自分が
大きく感じられたのでしょう。

多少のやんちゃな意見は
問題ないと思われたのでしょう。
(むしろ支持されると考えたのでは?)


さて、
先生方に対しては
まあもう、これくらいにして…



では
自分自身が仮に
そのような権力の集合体の一員に属した場合、

本当に今の倫理観を守れるか。
タガが外れることはないか。


簡単に言うならば

「外部の環境によって平時の意思が
揺らぐことがないだろうか?」




せっかくですので、今回の事例を反面教師に
真剣に考えてみようと思います。


スポンサーサイト
プロフィール

カタイカラダ

Author:カタイカラダ
1mmでも体を柔らかくしたい思いで綴ります

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
こちらもどうぞ
もしも広告付けるなら
↓こんな方法が便利ですょ
忍者AdMax



リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR