エコの弊害

よくバスに乗るんですが、

アイドリングストップって言うんですか、
信号とかで止まると
エンジンを止めることがあります。
無駄なガソリンを使わないためらしいです。

エコですね、エコ。

うんうん、
大切なことです。



ただ…
エンジンが止まると、必然的に


シ~ン…


って、
周りの音が消えちゃう訳でして。




ほぼ、無音






ですよ。


で、

それに伴い、
それまで気にならなかった音が
目立つようになっちゃって…。


イヤホンから漏れる音楽や、
ちょっとした咳払い。


最も厄介なのは

「お腹が鳴る音」。。


被疑者が自分の時も、他人の時も
気を使いますよね。。。

一度鳴り出すと
気にしちゃってますます止まらない時もあり、
もうね、一種の拷問ですよ。。


「グゥ~」とかならまだいいです。


突如、高音で
「キュルル~ン………」


みたいな、
もはやフォローしようのない
メロディが流れた時には

ほとんど虫の息で
「運転手さん。は、早くエンジンを…早く…」



と、
涙目で祈ったところで伝わる訳もなく、

エコな社会の厳しさを痛感する毎日です。。

スポンサーサイト
プロフィール

カタイカラダ

Author:カタイカラダ
1mmでも体を柔らかくしたい思いで綴ります

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
こちらもどうぞ
もしも広告付けるなら
↓こんな方法が便利ですょ
忍者AdMax



リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR