「自殺」について

誰だって、長い人生一度くらいは
「あ~、もう死にたい」
みたいな、
そんな感情に支配された経験があるのではないでしょうか。


私?

もちろんありますよ。
死んだら楽になるというか、
山積みの問題から抜け出せる。
身軽になる。

そんな短絡的な思考になることは
しょっちゅうでした。

けど、ご存知のとおり
まだ生きてます。

なぜ、死ななかったかといえば
「自分が死ぬことで、他の人を悲しませたく無い」
という理由にに尽きます。

まあ驕りかもしれませんが、
自分が死んだときに、子供や配偶者や親が泣きじゃくる姿を想像すると
自分勝手に死ぬことの罪深さを
ひしひしと感じちゃうんですね。




それと、
これもまた勝手に考えるのは、

「もしかして、明日は人生で最高の日になるかもしれない!」

という
超楽観的予想です。

つまり、死ぬにはもったいない。という
イメージを無理矢理持つわけですね。

明日がダメなら、そのまた明日が最高の日に…、と
未来が見えない事を逆手にとるわけです。


「じゃあ、あと一日頑張ってみようかな…」
の積み重ね。

コレって、自殺とか極端な話しではなくても
辛い日々を乗り越える手段にも
使えるのではないでしょうか。


想像するだけならタダですからね!
お得に過ごしましょう。


スポンサーサイト
プロフィール

カタイカラダ

Author:カタイカラダ
1mmでも体を柔らかくしたい思いで綴ります

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
こちらもどうぞ
もしも広告付けるなら
↓こんな方法が便利ですょ
忍者AdMax



リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR