鱗(うろこ)雲

お魚さんが
水中から太陽をみたら
こんなふうに見えるのかしら。


…と、
鱗雲から透ける太陽を見て
しばし空を見上げていた昼下がり。







ま、

超・渋滞してたので
嫌気がさして空を見てただけなんですけど。。

スポンサーサイト

ヤマダ電機のポイントをネットで使用する際の注意

家電ブログではないのですが。。



ヤマダ電機のポイント(ヤマダポイント)の
“消費のされ方”について
私の予想と反する部分がありましたので
備忘録として載せておきます。

※ちなみに2015/2/26現在の仕様のため、
  以降、変更される場合があるかもしれません。


ヤマダ電機のポイントには以下の2種類があります。

・通常ポイント(店舗でもネットでも使用可能)
・ネット限定ショッピングポイント(ネットのみ使用可能)



はい。

で、
それぞれのポイントには有効期限があります。

有効期限は、そのポイントが付与されたタイミングや
イベント、キャンペーンによって異なります。
※お店でのお買い物で発生したポイントは、
  最後にお買い物をした日から1年間有効ですが、
  キャッシュバックキャンペーンなどで付与されたポイントは
  その日から30日で失効する等、様々です。



さて、

先日、ヤマダ電機のネットショッピングサイト
『ヤマダモール』 → http://ymall.jp/
にて、ヤマダポイントを使用した買い物をしました。

ちょっとしたおつまみが¥398だったので
全額をポイントで払ったんです。

その時の私のポイントは以下の状態でした。

----------------------------------------------
・通常ポイント(店舗でもネットでも使用可能)
 →1200 point [有効期限:1年後] ・・・・
 →500 point [有効期限:2015/3/10] ・・・・
・ネット限定ショッピングポイント(ネットのみ使用可能)
 →400 point [有効期限:2015/3/18] ・・・・
----------------------------------------------



さて、
ネットショッピングサイトにて、おつまみ:398円は①、②、③の
どのポイントが使われたでしょうか?














  (ネット限定ショッピングポイント)










だと思ってました。。。私。




実際に使われたポイントは、

  (通常ポイント[有効期限:2015/3/10])

だったんですね。。



う~ん・・
何がショックかって、

「通常ポイント」は普通のヤマダ電機のお店で使用できるので、
週末にでもお店で使おっかなーって思ってたわけでして、

ネットで使う場合は、ネットでしか使えない
「ネット限定ポイント」が使われるはずだと
疑いもしなかったわけです。


でも
実際はネットでのお買い物なのに
「通常ポイント」が使われた。。


というわけで
ヤマダモールのサポートに
メールで問い合わせてみました。

Q:
注文番号XXX-XXXXの買い物をしたのですが、
ネット限定ポイントではなく、
通常ポイントが使われたようです。
なぜ、ネット限定ポイントが使用されなかったのですか?


次の日のAM10時過ぎ。(←回答は早かった!)

↓原文のママ載せます。


A:
この度はヤマダモールをご利用頂き誠にありがとうございます。
ヤマダモールカスタマーサポートセンターでございます。
お問合せ頂きました件についてご案内致します。

ヤマダモールにてポイントを利用される際の優先事項としましては、
ネット限定ポイント、期間限定ポイント、通常ポイントの順になりますが、
ネット限定ポイントより有効期限が近いポイントをお持ちの際は
有効期限が近いポイントの方から優先的に使用されます。

上記の旨ご理解・ご了承頂きます様お願いします。
今後ともヤマダモールを宜しくお願い致します。



そう・・

----------------------------------------------
・通常ポイント(店舗でもネットでも使用可能)
 →1200 point [有効期限:1年後] ・・・・
 →500 point [有効期限:2015/3/10] ・・・・
・ネット限定ショッピングポイント(ネットのみ使用可能)
 →400 point [有効期限:2015/3/18] ・・・・
----------------------------------------------



②の方が③よりも有効期限が近いので、
今回は通常ポイントが使用されたようです。



そっか~。。
まあ、妥当な仕様なんですかね。。

有効期限切れでポイントが失効するよりは
ポイントの種類がどうだろうと
「失効に近いポイントが使用される」という配慮でしょうか。


まあ欲を言うならば

ネットでの買い物で
どちら(通常orネット限定)のポイントを使うかを
選択できればいいな、とは思います。


たぶん
請負のSE(システムエンジニア)さんが
嫌な顔するでしょうけど。。



はい。
長々とお読みいただき
ありがとうございました。


最初にも書きましたが、
2015/2/26現在(問い合わせ時点)の仕様のため、
以降、変更される場合があるかもしれません。


そこだけ注意願います。
(2年後とかにググってこのブログにたどり着く場合もあると思うので)

ハートのクッション

娘が4歳くらいの時でしょうか。


ショッピングモールの中の
小さな雑貨屋さんの前を一緒に
歩いてると

入り口からみえる棚の上から二段目に
赤いハートのクッションが置いてまして、

で、
それが娘の目に入ったらしく
ピタ。。と足が止まりまして、

大きな目でそのクッションを
じっと見つめて


で…
その目線をこちらに移すなり

「すごくかわいい!あれ、あれあれ。

ほしい。。
おねがい!ほしいの…



一生のお願い!!








ええ。

「一生のお願い」の
記念すべき第1回目が来た瞬間でした。

バレーボール大のハートのクッション、
代金(当時315円)を支払い、
そのまま娘に渡すと

「ありがとう!ありがとう!やった~!!」
って、
そのままドラマのワンシーンに使えそうな
アクションを頂きまして、

家に帰るまでずっとそのクッションを
両手で大事そうに抱えて
至福の笑みを絶やしませんでした。


ハッキリ断言出来ますが、

そんな娘の表情を見ることの出来た
私の方が
娘よりも数倍嬉しかったハズです!


それはさておき…



ちょっと考えたのが

自分が親に叶えてもらった
はじめての「一生のお願い」って
なんだろう、って。

そしたら
すぐに思い出しました。



『パーマンのカセットテープ』

これはかなり嬉しかったなぁ。。

買ってもらったデパートから
家までの風景を、その嬉しさのせいか、
鮮明に覚えてますからね!


「売り方」から学ぼうかと。

有名な話かもしれませんが、


ある商品を売る場合の
“売り方”について、


①全品20%引き!
ってのと、

②抽選で5人に1人は無料!
ってのだと、

売る側の収益としたら
どちらも変わらないですが、

買う側からしたら
②の方が魅力的に感じるって
そういう話を思い出して、

確かにそんな感じの
ちょっとした工夫(違い)で
人の心は動くんだなって。


じゃあ、
例えばそんなことを

仕事に応用したり、
趣味に応用したり、
家庭に応用したり、
それこそ
このブログに応用できたなら。


自分自身、今よりもっと
やり甲斐のある人生になる気がして。





そう…

何か圧倒的な「転機」を求めてる
そんな自分がいるわけです。


違和感

「暴走族」


なんかもうそんな呼び方じゃないんですっけ?
「珍走団」とか、そんなのが主流なのかしら?


まあ呼び方はいいとして、
凄く不思議な光景を目撃しまして。。



夜、

まあ
住宅街の幹線道路を走ってると
後ろから
その手のバイク3台程が
中途半端な爆音で追越して行きまして、


んで、

もちろん(?)赤信号を無視して
ロクにスピードを落とさずに
右折して行ったのです…







なんと、あろうことか、
ちゃんとウィンカーを出してるじゃないですか!



「だ… 出すんかい、そこっ!」

って
なんとも違和感がある光景でした。




違和感でいくと、
何を血迷ったのか、朝の通勤時間帯に
暴走するツワモノも何回か見ましたね。
しかしながら
渋滞に巻き込まれて満足に暴走できず
その後、めっきり見なくなりました。

アレですかね、
深夜だと他の族の方とかぶるので
朝を狙ったのですかね?

排気ガス多いから
身体に悪いと思うのですが…
彼らも存在感を求めて
必死なのかもしれません。









あまり言いたく無いですが
警察の方々はそんな族の取締りよりも
だだっ広い40キロ制限道路での
ネズミ捕りの方に断然精を出されてるみたいで…


多分、
近隣住民が求めてるものは
そこでは無い、と。。

重きを置く方向に
違和感を感じずにはいられません。



もったいない無量大数

無量大数(むりょうたいすう)といえば
まあ、一般的に
数としてのそれ以上無い最大を指すわけです。
(仏教用語みたいですがそこまで詳しくないです)



先日、電車で私の正面に座った
一年生くらいの男の子と
そのお母さん。

男の子が、
「どんどんおおきな数を言っていこう」
と言い出し、


「10!」

と無邪気に叫びました。


お母さん、
スマホをいじりながら
画面から目を離さず、
「11。」

と。



子「12!」

母「13。」

子「14!」

母「15。」


子「100!!」

母「…101。」

子「うーん、200!」



で、お母さん、



母「…





無量大数。」



私「(!…) (゚o゚;;」




子「むりょ??何?」

母「無量大数。それ以上大きな数は無いの。
はい、おしまい。」


お母さん、
スマホ(多分、ゲーム?)に夢中で
とりとめのない子供との話を
早く終わらせたかったみたいです…。


男の子は「そっかー」とか言いつつ、


子「じゃあもう一回ね!100!」
母「だから、無量大数。はい、もう終わり。」








って。。。





私も
まだ小学生の子供を持つ親で、
確かに
子供との会話で
「ああ…またその話か…。。」
と、

まあ
そんなふうに思うことも
もちろんあります。


ただ、
この親子を客観的に見た時、

こんな会話が出来るのは
親子共にほんの短い期間であって、

子供は爆発的に知恵を付け、
親を嫌い、
俗世間に追随し、
そのうち親の手の届かない
若者の世界に入り浸ってゆく…。

(*イメージですけど*)



そんな
な~んか、寂しくなるまでの
本当に短い猶予期間なのに

スマホのゲームの方に夢中で
「無量大数」を持ち出してまで
貴重な子供との会話を強制的に止めるとは…。



もちろん
お母さんも、息抜きにちょっと…
って、心境は死ぬほど分かります。。



ただ

やっぱりなんか
もったいないよな~…って

傍から見るとつい思っちゃうんですよね。





水曜日が祝日の場合

今日は建国記念日ということで
祝日ですね。

週の真ん中に
お休みの日があるってのも
なかなかよいものです。


水曜日が休みってことは、
月曜日、火曜日も
気持ち的には
木曜日、金曜日みたいなものですから。
(↑ちょっとはしょってますが…)

で、

休み明けは木曜日なので、
もう次の日は金曜日!

素晴らしいじゃないですか!!











まあ
そんな祝日の今日も
仕事だったりするので。。。


日本人って
働く内容より
働く時間に美徳を感じるという
悪しき感覚が蔓延してますからね…。

これは
良くないです。




良くない。。

虫歯の正式名称

虫歯。

正式には、

齲歯(うし)
又は
齲蝕症(うしょくしょう)

と言うらしく、
むしろこちらの名称の方が
何か怖そうで
注意喚起出来るのでは?、と
考えてみたり。


うんうん。


会社とかで、

「すいません、今日、虫歯の治療があるので
早目に帰ります」

よりも

「すいません、今日、齲蝕症(うしょくしょう)
治療があるので
早目に帰ります。」

の方が
なんか凄そうだし。。


…って、そういう注意喚起かね?




もひとつ言うならば
早目に帰るって言っても
18時とかで普通に定時過ぎてることに
何で「早目に」なんて付けないといけないの?

なんて
どうでもいいグチでもって
今回はお開きにさせて頂きます。

m(_ _)m



着目すべき点

小学校で、
イスラム国による残酷な写真が
授業に使われたという報道。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150205-00000034-asahi-soci


教師が行った行為は
言語道断です。
子供を育てる身としても
生徒たちの心理面が心配になります。



が、
そこで終らせてほしくないです。

教師に対してではなく
(恐らく猛烈に反省してると思われ…)
この授業で扱われたテーマについて。


ニュース記事からの引用:
授業のテーマは「情報化が進むことによる利点と問題点」。東日本大震災後、見る人の心的苦痛を考え津波の映像を流さない放送局もあったが、報道で支援が広がったなどと教諭は説明し、「どこまで真実を報道することがよいか」を議論させた。



報道各社は今回の教師の批判を
頭ごなしに批判していますが、
そもそも
今回の授業のテーマとなった内容について
掘り下げた局は恐らく皆無ではないでしょうか。


「どこまで真実を報道することがよいか」を議論させた。


ココ。

この点。


真実を報道するという
この一点が既に難しいという
マスコミの現実。


「真実はいつも一つ」
とは、名探偵コナンの決めゼリフですが

局側、
番組側、
出版社側、
支持政党や
コメンテーターの思惑で
そんなもの二つにも三つにもなります。


というか
なってます。


同じテーマでも
新聞によっては
最悪、「相反する」内容になってますから。。

まあ俗に言う
大人の都合な訳ですが

じゃあそんな不整合が起きている
情報化社会をどう子供たちに説明しましょうか?

説明は不要でしょうか?
自分たちで気付くまで
放置しましょうか?

でも、
子供って恐ろしい勢いで情報を吸収しますよ…。
「大人の都合」な内容も際限なく。



今回の件で
教師を叩くのは結構。
生徒を思いやるのも当然。



そして、

そこで終わらせるマスコミが
大問題だと思います。





ちなみに…

今回、イスラム国の人質となった方は
残念なことになりましたが
その日、小学校から帰ってきた我が子は
ほぼ詳細な情報を同級生から入手してました…。

クラス、というか学校は
その話題でもちきりだったようで、、

まあ考えてみると
どのチャンネルでも新聞の一面でも
そのニュース一色だったので
当然といえば当然ですが。。

つまり子供の目線は親(大人)と
ほとんど同じ高さにある訳で

そういう社会を大人は作ってきた訳で、

今回の教師だけが
「異常だった」、「悪かった」で
終わる話しでは
決して無いんですよね。



おつまみ

いわゆる、酒のあてですね。

サラミとか、さきイカとか。


で、

そんなものを食べようものなら
サササって子供たちが集まってきて

「いいの?食べてもいい?」

「いいよ~」
…と言った時にはもう
頬を膨らまして満足そうに味わう姿。

そう、
その光景が
どんな高級な珍味にも劣らない
最高の酒のあてになることに気付く歳になりました。

満足満足となった彼らが去ったあとに残った
サラミの切れはしをつまみながら
幸せをかみしめてます。









それは別として
なんか最近体調が優れず。。


まあこれも
自分だけならいいんでけどね。

もう30台後半。。

曲がり角ってやつでしょうか。。。




プロフィール

カタイカラダ

Author:カタイカラダ
1mmでも体を柔らかくしたい思いで綴ります

カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新記事
こちらもどうぞ
もしも広告付けるなら
↓こんな方法が便利ですょ
忍者AdMax



リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR