ルック「まめピカ」当たりました!

今回、モラタメで
当選した商品。

ルック「まめピカ」




毎度のごとく
モラタメのサイトに応募し、
またも無料で頂きました!


コレ、
使ってみて凄いと思うのが

『トイレットペーパーに含ませて
使用しても、
紙ががモロモロにならない!』


ってところ。


些細な事ですが
シルクで拭いたように本当に
綺麗になるんです!
(※シルクで拭いたことは、無い。)


あと、
香りがね、
何というか、本当に爽やかなんです。

よくある
「ほのかに薫る爽やかさ」

ではなく、

「キツく漂う爽やかさ!!」
(褒めてますよ…)

みたいに、
本当にハッキリと匂うあたりは
トイレまわりには
とても良いと思います!



この商品以外にも
無料、もしくは超格安で
新製品を試すことが出来ます。

興味ある方はお試しあれ。

http://www.moratame.net/



意外とコツコツ当たるので
本当に助かってたりします!


スポンサーサイト

トイレの心配

自分一人だけなら
そんなに神経質にならないのですが、
小さい子供がいると
どうしても気になるのが

「トイレ」。


外出中、
しかも電車や車で移動中には
彼らの尿意を
ある意味「予知」する必要があります。。



「トイレは?大丈夫?
今のうちに行っとく?
ね?
すぐそこだから。
行っとこうか?」


すると
だいたい、素っ気なく

「いい。でない。」







で、5分後。


「おしっこ。

もれそう。」



って……。(; ̄ェ ̄)




子供って、
特に尿意に関しては
“その域”に達するのが
非常に早い訳でして、、

「なんでさっき言わなかったの!!」

なんて…
その問いに答えが無いことを知りつつ
最短のトイレ到着に向けて
頭をフル回転。。。。




まあ、仕方ないですよね。。
多分
自分もそうだったんだろうな~って
思います。。
(憶えてないですが…)



で、

こんなことが意外なところに
影響してまして…

ドラマなんかで
例えば
子供を人質に誘拐したり
監禁する…、みたいな
そんなシーンを見ると、

「犯人は子供のトイレを計算して
犯行に及んでいるのだろうか…。
親でさえ予知の難しい子供の尿意に
振り回されて、
すぐに足がつくのではないか…。
そもそも刑事も
犯行の経緯は別にして
犯行現場付近の公衆トイレに
全員張り込めばいいのではないか…。」


な~んて、
脳裏で考えてしまい
素直にストーリーを楽しめないのですね。。


だからあれですよ、

リアリティを追求するなら
一切、子供が関係しないような
ストーリーでお願いしたいな、って。





ええ…

無理な事を言ってます。。

お花屋さん

全くの受け売りですが、


『お花屋さんには
幸せな人か、
幸せになろうとしている人しか
来ないんだよ』


ってのを聞きまして。



うん。。
花屋に行かなきゃ。


と思いました…。

「~しないで下さい。」




かけ込み乗車する人や

携帯電話を
マナーモードに切り替えない人が

こんな優しい口調の
掲示された文章なんかで
心を入れ替えるとは
到底思えない。。




と、
いつも考えるですが、

もはや慣用句というか
形骸化してしまった
お願い文句のような気がして…。


例えば

「かけ込み乗車でドアに
激突死する可能性あり」


とか

「携帯の話し声によるトラブルで
重大な傷害事件多発中」


とか。


そんなふうに
インパクトを与えないと。



未来は希望の別名

誰かが言ってたので
書き留めておきます。

富裕層

富裕層(ふゆぅーそぉ~)…。



なんですか?
一体この
圧倒的に嫌らしい響きは。。



ってゆーか
これ、
当人は普通使わないですよね…。




「お仕事は?」

「富裕層です。」


なんて、違うし。。




うーん、

富裕層ねぇ~…



どうなんでしょう?

まあ別に
一度くらい経験してやっても
いいですけど。


もうね、
やりたい放題ですよ。


バスなんて、
乗った次のバス停で
いきなり降りるとか、

セルフうどんなんて
値段見ずにトッピングし放題。

極めつけは
「半額」シールが
貼られる時間を無視して
お惣菜を買いまくる暴挙すら
富裕層には許される。




富裕層…。

そのように
ほぼ無敵ですが、



でも…ですよ、

私らの脳裏に
暗黙のうちに刻みつけられている、


火曜市、とか
○%感謝デー、とか
ポイント○倍デー、とか
お客様感謝デーとか…


「今日の買い物は得したな!」


って
そんな経験は
絶対に出来なくなる。


それも
富裕層。



そう。

あえて富裕層とは
かけ外れた人生の方が

日々、
面白いんじゃないですか?皆さん。
(鳩山(幸)氏?)

















後で見て
消したくなる記事No.1と思う…。


眠れない…

不眠症まではいかないですが、

どうも
スッキリ眠れない日が多いです。。

それでいて
朝は死ぬほど(ではないが)眠い…


ビートたけしあたりから

「その症状、
ほっておくと
大変な事になりますよ!」


みたいに脅されそうですが、


よくよく考えると

「眠れない」
のではなく、
「眠りたく無い」
ってのが本音かもしれません。

寝てしまうと
次の瞬間は朝。。。

また
あんなことや、こんなことが…

ってな感じの
典型的ネガティブ思考が
眠れない原因かしら、と。













もう2時か…


すいません、
寝ます。

食べ物の好き嫌いがある人、ない人

まず、
私は食べ物に関して
好き嫌いは全くと言っていいほど
無いです。

何でも
特に無理をせずに
食べることが出来ます。

納豆でも、
魚介類でも、
生もの?でも。


ちなみに、

特に胃腸が強い訳では無く
それなりのコンディションのものを
頂きますと、
たちまち、
それなりのコンディションになります…。

囧rzこのくらいの表現で勘弁してもらえませんか。。。



で、
ですね、

もうこれは
生まれ持ったものだと思うんです。

食べられないものは
食べられない!

そんな人は絶対います。
アレルギーなどある方は尚更です。


そして
最近思うのは

好き嫌いが無い人は
好き嫌いが有る人の気持ちが
分かってない人が
多いのでは無いか


、ということ。




実際に
私が失敗したケースです。


ある方の歓迎会の幹事をする事になって、
その方に、ざっくりこう聞きました。

「何が好きですか~?」

するとその方、
(結構、「かっぷくの良い」体型です)

「とりあえずたくさん食べたいです!」

と。


お、
これは、焼肉食べ放題だな!と
瞬時に決断し、
お店を予約して
その方も含め参加者全員に
メールで伝えたんです。



すると、
主賓であるその方から
返信があり、

「すみません…、牛肉は無理で、
豚肉もちょっと厳しいです。。
鳥肉なら大好きなのですが…。」


と…。






反省しました。。






自分は
全く好き嫌いが無いので、
“何が食べられないか?”
ということに対する意識が
欠落していました。

何が好きかを聞くと同時に
「何が苦手か?」
も確認すべきでした。


結局、焼き鳥屋での歓迎会に変更し
喜んで頂けたようですが、

もし仮に、

すごく気を遣う方だったら。。

苦手なことを隠して
無理矢理、嫌いなものを
美味しいという顔を無理にでも作って
食べていたかもしれない…。




この手の話って、
結局、対人に関しては
どんなことにでも当てはまることで、




自分と他人は
イコールではあり得ない



という前提を持つことが
何より必要では無いかと。




2020年の東京オリンピックが
決定した時に
「おもてなし」
が、話題になりましたが。


本当の意味での「おもてなし」って
実は結構、大変なんだと思ってます。


自分に無いものを
気付こうとする努力。





これは
難しいですね。。

運転が“上手い”人の定義

車の運転が上手い

とは、


「運転に慣れてしまっても
初心者の頃と同様かそれ以上に
配慮の行き届いた運転が
常に出来る人」


だと、
思ってます。



よって…

世の中に運転の上手い人は
残念ながら殆どいません。。



つまり
まわりのドライバーは
みんな運転がド下手だと思って
運転しなければ



当然、事故が起きます…






上手い運転を目指しましょう!

そこのローソンの角を曲って…

タクシーの運転手さんに、
私は確かにそう言ったんです。

「そこのローソンの角を曲って、
まっすぐ行って下さい」

と。




すると、


なんと!

全くの正反対に行かれまして…。。




私:
「い…、え?
あっち、むこう、逆ですって。」


運転手:
「え?すみませ…え??
でも、ローソンの方に…って?」



混乱の中、

二人ともほぼ同時に気が付きました。



交差点の
対角線上の反対側に


もう1店舗のローソンが!?


こんな近距離に
同じコンビニが2店舗存在するとは…。


私と運転手さんは
それぞれ違う方のローソンを
見ていたんですね。



そのあと
運転手さんいわく、
見落とした方のローソンは
最近まで無かったとのことで、
慣れてた方(交差点向こうの遠い方)
のローソンだと思い、

私はそんなに来ることは無い所なので
手前(というか、すぐ目の前)の
ローソンを見ていたことになります。


どちらに非のあるとか、
そんな堅苦しい話をするつもりは
全くないのですが

案外、
意思の疎通ってのは
実はすごく難しいことだと
気づかされました。






あと、
ローソン、恐るべし…(^_^;)




プロフィール

カタイカラダ

Author:カタイカラダ
1mmでも体を柔らかくしたい思いで綴ります

カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
こちらもどうぞ
もしも広告付けるなら
↓こんな方法が便利ですょ
忍者AdMax



リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR