FC2ブログ

「たまには、つかれてみたいわ」

ドラえもんコミックの第6巻、

「温泉旅行」
のお話にそのセリフはあります。



お正月にどこか
旅行に行きたいと提案する
のび太のママ。

あまり乗り気ではないパパ。

そんな中で
そのセリフが出てきました。


パパ:
「まあききなさい。
お正月なんて乗り物もホテルも
満員で
つかれにいくようなものだから」



ママ:
「たまには、つかれてみたいわ」






“たまには、つかれてみたいわ”



子供のころにこの話を読んだ時、
ママがなぜこんなことを言ってるのか
全く理解出来ませんでした。


子供って、旅行では基本的に
“つかれない”生き物なんですね。

そりゃ
いっぱい遊んでつかれて寝る。

そんな体力的に疲れることはあっても、
旅行全般については
つかれるとう意識はなく、
“楽しい”ことが基本なんです。

なので
子供には意味が通じにくい。


さて、
のび太のママが

「たまには、つかれてみたいわ」

と言った件。

今では分かりすぎる程、分かります。


これは
専業主婦であるのび太のママが

たまには『非日常』を感じたい。
気分転換をしたい。


そういった思いがあるのでしょう。

なんか、
いつも怒ってばかりで
合理的なママとは違い、
息抜き側(のび太側?)に立つという
珍しい一面を見せてくれます。



でも、
パパに言わせると
「たまには、のんびりしたい」
になるんですよね、多分。。

毎日の満員通勤電車、同僚、上司、客先との人間関係…。
毎日がいわば悪い意味で
非日常なのでしょうから。


土台、二人の意見は
噛み合わないことを前提に
あえて
その口論の過程を描写したシーン。

現在でも全然通用する面白さです!



それにしても、ママが発した

「たまには、つかれてみたい」


やはりこれは秀逸です。
返しとしては最高です!
そう言われると、パパは言い返せませんから。



で、

そんな両親のやり取りに対して
ドラえもんとのび太が
どのようにして解決したか…?



ここで書いちゃうと
ネタバレになる(?)ので

そこは是非、
コミックをおよみくださいませませ!!



*ヒント:いつもの方法ですけどね。。



スポンサーサイト
プロフィール

カタイカラダ

Author:カタイカラダ
1mmでも体を柔らかくしたい思いで綴ります

カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
こちらもどうぞ
もしも広告付けるなら
↓こんな方法が便利ですょ
忍者AdMax



リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR