スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワゴンセール商品の返品

電器屋さんで、

ワゴンセールって言うんですっけ、
「在庫一掃」みたいな感じで
パソコン関連の商品を
定価より3~5割程安く売られて
たんですね。

んで、
いいのないかなぁ~、って見てると

USBハブ 4ポート:50円(税抜き)


少し箱が日焼けしてて
古い型のようですが
ちょうど欲しかったし、一応新品だし…。




買いました。

税込み54円で。


そんで、
家に帰りまして
早速パソコンに繋げたのですが、

あー、
もう、結論言うと壊れてるみたいでした。


3台くらいのパソコンで試して
全くつかえなかったので…。


う~ん、
まあ、
絶対に必要ってわけでもないし、
54円だし…

もう、いいかなーって、
商品の箱を見ると6ヶ月保証とのこと。
で、
レシートもちゃんととってます。




どーしよーかな。。




まあ…






一応、電話してみるか。

※ちなみに、私、
クレームを受けることは多々ありますが、
(´Д` )
クレームを発信する側には
ほとんど立ったことの無い。。
(ま、いいや。で諦める…)
そんな人です。



さて、
製造メーカーに電話すると、

もうね…
電話口のむこうから謝罪の嵐。。
聞いててコッチが謝りたくなるほどよ。

交換するので
着払いで商品とレシートのコピーを
送ってくれとのこと。
その日のうちに着払いで送りました。

次の日、
商品が届いたとの事で
メーカーから電話がありましたが、

その商品(USBのハブ)は
もう製造しておらず、在庫も無いとのこと。


ま~、
あの外箱の日焼け具合から
そうなんだろうなーって思ってました。

で、
向こうから
「大変申し訳ありません、
購入代金54円は
早急に返金させて頂きますので…」


な~んて言い出すので、

「あ、いえ、いいですよ…、
そんな、大変でしょうから。。
金額も大したことないので…」


「しかし、お客様、それでは…」

「いいです、いいです、じゃ、
すいませんが、
送った商品は処分しといて下さい。」



で、
半ば強引に電話を切ったわけです。



いや、
だってね、

54円を返金するのには
必ず54円以上かかる訳で。。
(振込にしても、郵便にしても…)

すでに、
着払いで、メーカー側がこちらからの
送料(700円くらい)を負担してるわけだし、
その、なんと言うか
無意味な手数料が無駄に発生するのは
例え自分が損をしなくても
なんか、もったいない感じがするので。。。




そしたら今日、

おうちにボコっとした封筒が
届いておりまして、


見ると
例のメーカーからで、

中身は
不良品を販売したことに対する
ご丁寧な謝罪の手紙と、

54円分の切手、

それに、
買ったのと似たような
新品のUSBのハブ。





えー…
そんなにしてくれなくても…。。



ちょっと気になって
送って来たハブを検索してみると、
市場価格2800円くらいするのですが。。



もちろん、
悪い気はしないと言うか
逆に
そのメーカーに対しては
とても好感を持つことに
なったのです




が、




これって
悲しい事ですが
絶対に悪用する輩が
出て来ますよね。。



良くしてもらっておいて
こんな事言うのは悪い気がするのですが、

クレーム対応も
やはりちょっと
バランスを考えた方か良いのかな?って。


いつもいつも、
クレームの度に
今回のケースのようなことをしてたら
ソレ目当ての輩にたかられて
利益は吹っ飛ぶでしょうし。。。


でもまあ
企業イメージを守るためには
今回のケースが王道なんですかね?


難しいですが、
そんな風に感じた返品騒動でした。




スポンサーサイト

冬の夢

なんだろう…。
変な夢を見て。。



冬なんでしょう。

座椅子でこたつに入ってるんですが、
もうね最高に気持ち良いんですよ。

座椅子の角度も
こう、140度くらいの開き。

この角度がまた絶妙で!


チーズとサラミとワインがあって
この上なくマッタリできてて、

しかも、

こたつ布団を肩までかぶって
テレビを見てるんです。


(番組はUFO特番みたいな…。なぜだ?)


これね、
日本人としての
最高のシチュエーションじゃないか、と。



で、
ウトウトして…




目が覚めたら
現実世界。

昨今の涼しさで
お腹を壊してました…。
(~_~;)





もしかして

コッチが夢の世界だったりして…

ワイン、全部飲んどきゃよかったな。。


ちょっと嬉しかったこと

といっても
だいぶ前ですが、

駅で電車を待っていると、
OLさんかな?

こちらに寄って来られて

「すみません、
少しの間、荷物を見ていてもらえませんか?」


と。


見ると
スーツケースにお土産の紙袋が。

「あ、はい。構いませんよ。」

と答えると
OLさん、お辞儀して小走りに
改札の方へ走っていかれました。




これ…

まあ荷物の中身にもよるでしょうけど、
なかなか赤の他人に
預けるって出来ないですよね。

私はやったことは無いです。


そのホームには
他にも人が沢山いたのですが、
その中で
私に荷物を任せてくれたことを
ちょっと嬉しく感じました。


だってあれでしょ?

そのホーム上の人間の中で
一番信用出来そうに見えたんでしよ?
(多分…(^^;;)


その後、
3~4分して帰って来られ、
見張り任務完了となりました。



さて、
これって日本だから
まあ薄口の美談?になるのですが、

もし、海外の旅行中に
荷物をみといて…なんて頼まれたら。。


これは怖い。


むこうからしたら
外国人に荷物を任せようとしてる
訳であり、
何か魂胆があるのでは?、と
勘ぐってしまいます。


爆弾…?!

なんて可能性も0では無いと思いますし。。



ま、
なので、

日本に住んでいるが故に
優越感に浸れた、

そんな経験でした。



最後の抱っこ

上の子が
早いものでもう
小学校の高学年。

ちょっと4~5年前は
何かあるごとに
「抱っこして~、抱っこして~…」
って。。

こちらも疲れてる時は
「ほ~ら、自分で歩きなさい。
よーい、ドン!」

とか言って、
なるべく歩かせるようにして。


それでも子供の方も負けずに
「抱っこ、だっっこぉ~!!」



必死でしがみついてきます。
仕方が無いので


よいっしょっ!っと、

抱き上げると
待ってたかのように
ピットリくっついてきて、
こちらの肩と首の間に
ほっぺたがちょうど入って…


何分もしないうちに
気持良さそうに眠るのでした。

その一体感と言ったらもう…



でも、

そんな風に抱っこすることは
もう一生無い訳で。。


あのとき
もっと抱っこしとけば良かったな~

なんて。。




子供の成長は本来喜ばしいこと。


でも、

取り戻せない時間があることは
忘れずに
子育てをしていきたいです。



自己責任について

賛否ある、
どちらかというと「否」のあることを
書いちゃいますが…


よく聞きます。
「自己責任」。

うーん、
この言葉
あんまり好きじゃないというか、

なんか
言う側の卑しい部分が
透けて見えるというか…。




例えば…。


あまり
良い例えじゃないてすが


ある人が
紛争地帯に出かけて
武装勢力に捕まり、殺されました。

その紛争地帯は
ニュースなどでも
度々危険な地域だと報道されてました。





さて、
この場合

そんなところにノコノコ行くからだ。
殺されたのは自己責任だ。



って
なるじゃないですか。


でも、もし、

その目的が
戦闘で傷ついた人の治療する
ボランティアだったら?


それだったら多分、

自己責任だ!


とは
普通、言わないですよね?



まさに、ここ、

この辺が腑に落ちない。。。


自ら進んで行った行為でも、
目的が違えば
責任の度合いが変わるんですっけ?



自己責任
って、
極端にいうと

「100%あなたの責任だ!」

ってことですよね?


で、
ボランティアだったら
自己責任とは言えない。。

つまり

「70%くらいがあなたの責任」

になるのでしょうか。


それじゃ、
残り30%は
誰の責任?

戦闘で負傷した人の責任?


違います。
なんか違います…。




結局、
「自己責任」
って…


責任なんてどうあれ、

感情的に
責める材料がある人に対して

「人と違うことしてるからだ」
「ざま~みろ」


って

言ってるだけのような…。



でも
それじゃ
あまりにも紳士的ではないので

「自己責任」

って言葉に
置き換えてるんじゃないかなっ、て…。
(勿論、本気で警鐘を鳴らす方もあるのでしょうけど…)



だから

なんかあんまり
使いたくないんですよね。。



親の喧嘩

親同士が喧嘩する。


それって
一番影響を受けるのは
子供だってことを
忘れないようにしたいです。


喧嘩してる当事者としては
頭に血がのぼって
お互い自分に虫のいい理由で
正当化してるのだろうけど

そんなのは当事者間で
良い方、悪い方に勝手に転ばしたらいい。



遙かに大きな問題は、

その様子を見ていた子供が
どれほど気を使い
傷つくのかってこと…。

お父さんお母さん
どちらの側にも味方出来ないことは
子供心にわかっています。

大人のように
双方をうまく取り繕う
そんな術を知らない子供にとって

自分の大好きな両親が
口汚なく罵り合う姿は

間接的に子供を虐待しているに
等しいと思います。




子供ってその辺、
とても敏感なので。。


宝物

お金とか、
思い出とか、
子供や孫とか、

もちろんそれも
宝物には変わりないのですが、

子供の頃、
自作の「宝物箱」
みたいなところに

綺麗な石や、写真や、
匂い付きの消しゴムや…

そんなモノを溜め込んでたんですが、

さて
大人になった今、

そんな
いつも覗いてウキウキするような
宝物…


無いな~


って

なんか寂しくなりまして…。


別に無くても
生活に支障は無いんですが、

よく
趣味で
フィギュアやプラモデルならまだしも、
カップ麺の蓋…みたいな

なかなか価値を見出すのが
難しそうなものを
宝物として
収集されてる方。



実は
とても羨ましかったりします…




何て言うんでしょう、、

今の世の中、
インターネット中心の
現実味の無い世界に
没頭せざるを得ない環境が整っていて

現実に存在する

モノ

に対して
とても飢えている。

そんな自分がいるんですね~。





飢えてる割りに
変に買うと部屋が散らかるし…

みたいな
大人の考えが

購買意欲を
見事に削いでくれますわ。。

ヽ(´o`;



汚染水の凍結止水を断念した報道の姿勢

東電の肩を持つつもりは
毛ほどもないのですが、

マスコミの後出しじゃんけん的な
批判報道はなんとかなりませんか…


まあこんな時代なんで
東電を叩けば間違いない、
って、
マスコミさんも
安心してるんでしょうけど。。




あるニュースで、
コメンテーターが、

「あの広範囲で汚染水を
凍結できないことは
ちょっと考えれば子供でも分かる」


と…。



確かに、
今となってはそう感じてしまいます。




でもね、マスコミさん、



子供でも分かることは
“断念”するより以前の
“計画”時点で
大々的に非難して下さい。




計画段階で民意に訴え
凍結案を止めさせてこそ
マスコミは仕事を果たしたことに
なるのでは?



東電が断念を表明した直後に
「ほらね、
ダメだと思ってたよ!」

って
足並み揃えて大合唱する…。


それこそ、

子供にでも出来ますよ。


道路案内





…。


もちろん日本国内(福岡)の
“公道”の案内板です。


北九州、博多駅

以外、
殆ど読めません。。


案外、
都会にあったんですが、

こういうのって
メンテナンスまでの期間が
決まってるんですかね。

それとも
誰かが声をあげるまで
放置なんですかね。

こういうところには
税金を投入しても
バチは当たらないと思うのですが…。


「老害」って…

超スローボールを投げる高校球児を
元アナウンサーが批判した結果、
炎上するという話題がありました。


超スローボールが批判の対象となるのか
否かについて、
ネット上の世論?では
批判に当たらない、つまり
超スローボールは堂々と投げれば良い、

という流れになってます。
(ワタシ、野球に全然明るくないので判断はつき兼ねますが)

元アナウンサーさんも
謝罪されたみたいなので、
まあ
収束の方向で
めでたしめでたし…












わけは無い。

無い無い無い。


この件に対して
元アナウンサーの事を
「老害」
と執拗に書き立て
それは当然とする風潮の
日本って
絶対おかしい。





元アナウンサーの発言が
不適切な発言であり
それを聞いた人が
不愉快になったとして、


だから
人を中傷することが
許されるんでしょうか??



不適切な発言を
不適切なコメントで
攻撃する。
しかも、
その一連の流れに
「そう思う(いいね!)」が
圧倒的に多いって、



もう
日本人は
そんな
チンビラ集団だったのかな…って。。



気持ち的に
そりゃ分からんでもないですよ。

なんていうか
鼻をへし折ってやった的な
そんな感じでしょうか。。

でもでも、


で~も、、
確かに
発言は結果として
不適切であったとしても、

匿名だからといって
実在する年配の方に対して
平気で暴言を吐けること自体、
恥ずべきこと
であると、

集団心理があったにしろ
「老害、老害」と
連呼した“相対的若者”には
声を大に言いたい。




年配者の味方して、とか
野球知らないくせに偉そうに云々とか、

そんなこととは全く次元の違う話








単純に

道徳の問題です。





プロフィール

カタイカラダ

Author:カタイカラダ
1mmでも体を柔らかくしたい思いで綴ります

カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
こちらもどうぞ
もしも広告付けるなら
↓こんな方法が便利ですょ
忍者AdMax



リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。