スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間の作り方

さて。

一転、(?)
ある国家資格を目指してみようと
目標を立ててみました。

今でさえ時間に余裕があるとは
思えないのですが、
なんとか一日に90分の勉強時間を
作ろうかと。

まあ
朝、30分、
昼、30分、
夜、30分。

なんとこれで
目標の勉強時間に達してしまうじゃないですか!


今のところ、
問題点はたった一つ。



「眠気」。



朝は起きた直後で眠いし、
昼はご飯食べたから眠くなるし、
夜はそもそも眠い。


どうするかね、こりゃ…

勉強初めは
キリの良い7月1日ということで、
とりあえず今日は存分に寝ますかね!



上手くいかない匂いがプンプンしますけど
(^_^;)

スポンサーサイト

モノの値段。。

iPhoneを使ってまして。

あ、
しかもiPhone4なので
まあ、古い方ですよね。

んで、
車の中でも充電できるように
シガーライター(ソケット)に
充電ケーブルを刺してたんですが
そのケーブルの根元がもげちゃいまして、

なので
新しいケーブルを買いに行ったんです。

え?
どこにって?

そんなの決まってますよね。


ご一緒に
せーの、 で言ってみますか!





せーの、














ダイソー。


揃ったことで悲しくなられた方に、合掌。
(/ _ ; )




うん、まー

ケーブルくらいなら
あえてそんなに値段には
こだわらないですよね?

口に入るものでもないですし。


で、目的のダイソーに向かったんです。


そのダイソーはビルの3階ですが
2階には電器店が入ってるんですね。

1階からエスカレーターで昇ってた私は
特に急いではなかったので

ふふ~ん、って感じで
2階の電器店を冷やかしに行ったんです。

その後でダイソーに行くつもりで。


一通り、商品をほぼ風景の如く眺めて、
最後にレジ前を通って終わるつもりでしたが、

レジ前にはいつものワゴンセール。





いつも大して安いモノは置いてないんですよね。

品物も
電池とか、なぜか異国の石鹸とか
そんなのばかりで。




思って
一旦は通り過ぎたのですが



ん…



なんか

こう、何でしょう…



違和感が。








違和感(uncomfortable feeling)



そう、


その違和感は
私にそこに留まるよう、

深層心理でそう伝えてきたのでした。


恐らく
視野に入ったギリギリの所を
私の脳は、見逃さなかったのでしょう。


まさに本能が成せる技であり、
古代より人類が生き残る為に
進化した





もういいですって?

はい、すみません。




あったんですよ、
私が欲しかったケーブルが。

ワゴンの中にいっぱい。
山積みで。


なので、
それがもし税込みで108円未満なら

買い。

なわけです。
当然ですが。


んで
そのワゴンのに近寄り
値段を見たんですが、



なんかですね…

うまく理解できなかったんですよ。

値札を10秒くらいは見つめたんですが。











税別 2円





読み:「ぜいべつ にえん」





てか、
税込でも2円ですし…。




“税”が2円
とかでもないですからね。。








この商売に

どんなカラクリが潜んでいるんでしょう。。


仮に在庫処分といっても
まあもっと
キリがいい数字にしますよね?

100円とか、
10円…とか。

そんなところで多少利益を上乗せしても
罰は当たらんでしょ。






2円かー。








2円… って



もう、
レジ袋レベルですけど。。




そんなにコレ
需要が無いのかなぁ。。








まあ
もちろん買いましたよ。


100円玉で
98円、お釣りがきましたよ。


店員さんの顔も普通でしたよ。
(表情がね。容姿じゃないでっせ)


使ってみたら
ちゃんと
充電も出来ましたよ。









だからこそ
しっくりこない!






私たちって

実は普段、

とてつもなく損をしてるのでしょうか?



チロルチョコが20円って、

あり得ないくらい
激高なんでしょうか?





モノの値段って

何なんでしょうか。。。ね。

アナと雪の女王

映画、
見ましたよ~!


なんて言うのでしょう、
根っからの
「トムとジェリー」派である私ですが、
この映画のCGときたら…。

もはや現実を超える描写とでも言いますか、
見ていてすごく気持ちが良かったです。


と言っても、
トムとジェリーが劣ってるとか
そういうことではなく、
その時代の技術で成せる最高の作品を
作成しようとする、
多くのクリエイター達の努力が
観る側に感動を与えているのだと思います。


そしてもう一つ。

この映画はもちろん
世界各国で上映されており
高い評価を得ているとのこと。

当然ながら
国によってあらすじが変わる訳はなく、
各国の人々は同じストーリーで
同じ感動を得ることが出来る
のです。

同じ人間ですから。

であれば、
痛みや苦しみも
同じく共有出来るはず
ですよね。

同じ人間ですから。


今も昔も世界中で紛争が起きています。
全面解決することは難しいのが現状です。



ただ…、

全ては人間自身の行為です。

相手の痛みを自分の事のように
理解出来る“下地”は必ずあります。


解決できない事は無いんです。


アナと雪の女王の主題歌を
25ヶ国の言語で聞いているうちに
ふと
そんな事を少し考えちゃいました。。


↓YouTubeのリンクです。
アナと雪の女王(25ヶ国語バージョン)





↓一応、こちらもつけときます。
アナと雪の女王(日本語)
アナと雪の女王(英語)

口の動きはもちろん
英語版がドンピシャですね!

♪( ´θ`)ノ



余計なお世話

人の善意に対して
“余計なお世話”と思ったり、
その人に対して
愛想の無い態度をとってしまった自分が
後々、とても嫌になる時があります。



少し時間が経ってから、

「あの人は私のためを思って
一生懸命やってくれたのに…」

と、
その人の気持ちを
汲むことの出来なかった自分を
無性に腹立たしく感じたりもします。


子供の頃からそんな事がずっとあったので
せめて自分の子供には
そんな思いをさせたくないのですが、

こればっかしは

「こうしなさいっ!」

ってもんでもなく、
ある意味、
過去を振り返りたがる
性分の問題な気もするので、、

子供には
せめて大雑把に育ってほしいと
変な願いをかけている
親の独り言でした…


拍手の数…

昨日の記事について
それまでの何倍もの「拍手」を
頂いたようで、、
なぜそうなったかは
自分でも分からず
何か画期的なことを書いたわけでもないので
むしろ炎上か?みたいに
ちょっとビックリしてます。。

あ、
もちろん凄く嬉しいです!
拍手もですが、
見て頂いてる方がいるだけで
大げさかもしれませんが
生きている意味を実感してます。




んで
私の話に戻りますが
実は今日、ある本を買いまして。

それも、新品で。

ここ二年程は
古本屋か図書館を利用してたので
新品の本を買うのは久しぶりでした。

値段を言うとアレですが、
2000円くらいしたので
自分の中ではブックオフの108円と
比べると、
その破壊力は強烈です。
(↑つまりお財布事情が寒い…)

本なんて
情報を頭に入れてしまえば
古いも新しいも無いと思ってましたが

どっこい、そんな事は無く
紙質が新しいと、
「ヨッシャ、読むでぇ~!」ってな
そんな「覚悟」が違いますよね?

多分、
新しい本の方が
読んでて情報が頭に入るスピードが
速いのではないかと
そんな風に感じています。


もー
真意はともかくとして、
本に高い金を払ったので
何とか元をとった気になりたいがために
都合の良い事を書きましたが
たまには新品の本もイイですよね。


あー、
ただですね、

あの新品の紙の臭いが
どうにもWCを誘発される体質?のようで
大半をトイレで読む事になるのは
ちょっと想定外でした。。




例のヤジについて考えてみる

東京都議会で、
「早く結婚した方がいいんじゃないか」
と、ヤジを飛ばした件、
発言された都議の方が謝罪されましたね。


はい。
このブログでは
直接、その件について
深くどうこう書こうとは
あまり思いません。
間違い無く、多くの方の抱く感情と
同じですので。。


考えるべきはその先。かな…。


あのヤジ、
例えば
居酒屋で仲間内の会話で
出たものだったら
問題になりましたかね?



すみません、
順を追って書いてみます。



ヤジというと回りくどいので
極端に言うと

「悪口」。


うん、
悪口ですね。

で、
男同士でも、
女同士でも、

何人か集まると
誰かの「悪口」を
言いませんか?

悪口の定義が曖昧ならば、
『その人に聞かれてはマズイこと』
とでもいえば分かりやすいですね。



いや、ね、



絶対、言ってますよね。


あそこの奥さん、言い方がキツイ

とか、

あの旦那さん、○○に似てる

とか。



ですよね、
日常的に、その人に直接言えないような
事を、気の合う人同士では
たいして考えもせず話してますよ。


で、ですよ、
その話の内容を
実名出してTwitterとか2ちゃんねるとかに
書き込んだら、
それはもう、大問題ですよね。


そう、当たり前の事です。
そんな事は誰もしません。
(たまに若者は勢いでやってますが)

ネット上に
実名で悪口を書き込むなんて
悪いことだし、非常識だから。
だから、
多くの人はそんな事、しないんです。




本当に当たり前のことを
羅列しました。




そう。



この当たり前のことをもし、
子供に聞かれたら(質問されたら)
私達はどう答えたら良いのか…?




「本人に聞かれなければ良い」?
「隠れて話しなさい」?
「仲間内なら良いが、ネット上はダメ」?



違う。。


もちろん
違いますよね…。



「人の悪口は言ってはいけない」

って
教えますよね。


でも、
大人はやってるんです。

そして、
子供達も年齢が上がるにつれて
必ず、そうなってくるんです。



それなら、
どうして
「人の悪口は言ってはいけない」
なんて、教えるんでしょう。。。


もちろん私も上で書いた例に同じく
人の悪口を言うし、話すし、
子供に誇れるような大人では無い
訳で。


そんな事考えてたら、
冒頭の「早く結婚云々…」のヤジ、
マスコミは鬼の首をとったように
ほとんど“ざまみろ”的に批判してますが、

なんか、
そんな批判の波に自分が乗るのも
どうにも虚しく思えて、

出来レース批判をするコメンテーターが
妙にワザとらしく見えて。

みんなどうせ
影ではネチネチ言ってるんだよな~って…、

子供の中で、というか大人の中でも、
こんなんじゃ
イジメなんて絶対無くならないよな~って…。


そんな人間の闇というか影の部分に
ちょっと嫌気がさしてきた
そんな、一日。

ぁ。。
皆さんまで嫌な気分にさせて
本当すみません…。
m(_ _)m

非常停止ボタン

所用があり
新幹線を利用しました。

ホームに着くと
乗る予定の一本前の新幹線が
丁度、発車するところ。

ドアが閉まり、
車両がゆっくりと動こうとした
次の瞬間、


駅員「あ、危ないっ!!」


という割れた声(というか放送)の後、
その駅員さんが瞬時に
非常停止ボタンを押し込みました。


『ミリミリミリミリ…』
みたいな警報が鳴り響き
新幹線は5メートルほど進んだ所で停止。

同時に
駅員室から3~4人の駅員さんが
飛び出し、

状況確認を開始。

電話か無線かで
何処かと連絡を取り合ってました。


漏れ伝え聞く所によると
発車しようとした新幹線に
誰かがちょっと触ったとか、
そんな事のようです。

発車直後に急停止したため、
車内のお客さんは不安そうに
ホームを見つめてました。

人身事故でも起こったと思いますよね。。


ボタンが押されておよそ3分後、
その新幹線は無事発車し、
後続の私が乗った車両も遅れなく
目的地に到着しました。



私はもちろん鉄道関係には素人ですが
新幹線を止めるということ自体
やもすればとんでもない損害を被る
可能性がある事は想像できます。

ダイヤが乱れると
新幹線に接続する日本全国の
在来線やバス、航空機など
計り知れない影響が出ます。

でも
駅員さんは躊躇無く非常停止ボタンを
押しました。

強く、確実に押し込んだんです。

あー、
もちろん日頃から
シミュレーションや訓練は
されていると思いますが
それを現実に成し遂げられる
毅然とした行動に“プロ”意識を
感じずにはいられません。

先日の
W杯初戦で西村主審がPKの判定を下し
その判断をめぐって物議を呼んでいますが
彼もプロの仕事をしたまでのこと。

我々素人が
どうこう言えるものではないな、と
改めて感じました。


長くなりますが、もう一つ。

発端は些細な事だとはいえ、
非常停止ボタンが押されるという事態。
何かで聞きましたが
ボタンが押されると同時に
軌道上を走行中の車両や
様々な指令所に一斉に配信されるとのこと。

もちろん、それだけで
全線ストップとはならないでしょうけど
言葉通り非常事態です。

それを
ものの3分で解決し、
迅速に通常運行へ戻した事は
常に有事への対策が成されている
結果だと思います。





やっぱり
日本って凄いなぁ~、と

しみじみ感じた一日でした。



知ろうとしない罪

子育て中の皆さん、

LINE、Twitter、Facebook

多分、
聞いたことはあると思います。



で、

使ったことはありますか?


LINEはある?

Twitterは他のひとのつぶやきを見る程度?

Facebook…なんかヤダ。



ってなことは
もう言ってられないかもしれません。

子供達は
それらコミニティーツールを
一瞬で使いこなし、
親の知らないところで
知らない話題で盛り上がり
知らない人と繋がっていく。。

これはもう
確実にそうなります。

我々が子供の頃、
親に隠れながら
ファミコンに精を出したのとは
訳が違います。


今の子供達は
幼くして
情報だけは世界に発信する環境を
無防備に与えられます。

何が危険か、
何が悪いか、

そんなことも殆ど知らずに。。。






おや?

っと思いませんでしたか?


何が危険か、
何が悪いか、




親は知ってますか?


知らなくて
万が一の時に
子供達を守ることが出来るでしょうか。

むしろ、万が一が起きないように
子供に適切な注意をすることが
果たして可能でしょうか。


LINE、Twitter、Facebook…


ちなみに
私は現時点で

実は
どれもやったことがありません。








(; ̄ェ ̄) はぁ?





って
聞こえてきそうですが…。




ぃゃ、、

知っておかなければとは思いつつ
これまたなかなか手が出せなくて。。

その間に子供は
どんどん成長していきますよね。
加速度的に。


で、
もう今しか無いな…と、
そう思いながら
誓いを込めてブログを更新したわけです。


大袈裟ではなく、
子供達を守る為だと思います。



今日から恐る恐る
やってみますので
応援お願いします。。(何の…?)



運転の目的

こんなこと書くのは
どちらかといえば自戒の意味であり、
車を運転する時は
必ず心掛けようと思ってます。


どんな時でもそうですが、
車を運転している
まさにその時、
何を目的とするべきか…。



・目的地へ早く到着すること?
・燃費の良い走りをすること?
・安全運転をすること?





いえ、
違います。

もう、
全然、レベルが違います。




目的は単純明快、
たった一つ。




『生きて車を降りること』


です。



燃費やスピードはもとより、
極端に言えば
目的地に辿り着くことなんて二の次です。


安全運転?

安全に運転していて
事故死したら意味がありません。

安全運転が目的なのではなく、
死なないのが目的です。


その目的を達成して、
オマケとして
目的地に着いているのであり
安全運転なのです。



極端過ぎて
何言ってるの?、と感じられるかも
しれませんが、
事実、
日本では一日に20人弱の方が
『生きて車を降りること』
という目的を
残念ながら果たせずにいます。


前に走る、少し遅い軽トラを
追い越しをかけることが本当に必要か?

見通しの良い交差点を
「見通さず」に通過して問題ないか?


一つ一つの行動・判断が
「死」のリスクを高めている現実に、
事故が起きる前に気付かなくてはいけない。



私は
次に運転席に座るときも
絶対に確認します。

『生きて車を降りること』

が、
本当の目的であることを。


○×戦隊のオモチャ

行って来ました、
リサイクルショップ。

子供が、
なんやらレンジャーの
携帯っぽいの(?)が欲しいと
言ってたので、
ちょっくら覗いてみたんです。




え~、
一言で申しますと、

パラダイス

ですわ。実際。。



中古なので、もちろん
それなりに使われてるんですが、

もうね、、明らかに


「噛んだだろ…、しかも何度も。。」
みたいなのや、

悪者のフィギュアなのに
頭部(トサカ?)がほとんどもげていて
小さな正義の鉄槌を受けたんだね…、と
可哀想になるものさえありました。


ところで
なせ、そんなモノ達が
売り物になるかと言えば、

ご存知の通り戦隊系のテレビは
毎年、
新しいシリーズに切替わります。

例えばドラえもんみたいに
同じキャラクターグッズを継続して
生産することが出来ないんですね。

なので、
ちょっと昔のものでも中古品は当然で、
その筋のマニアさん達には
宝の山となるのです。


前述のトサカがもげた怪物も
その後、
スーツのおじさんが大切そうに
購入されてました。
正義って、
案外こんなところにあるんだね、と
目頭が熱くなりました…









違う違う、


そんなことより
こちらも目的のブツを探すべく
ガラクタの山をゾンビのように漁りまして
ようやく、
“状態の良さそうな…”
ガラクタを
数品、手中に出来ました。。。


本当、疲れたなぁ~、コリャ…
(ーー;)


その帰り道、
ダイソーでボンドやらテープやらの
補修用品を買う羽目になったのは
言うまでもありません。。



でも…


子供が喜ぶ顔を思い浮かべては
ニヤニヤしちゃうんですよ~!

プロフィール

カタイカラダ

Author:カタイカラダ
1mmでも体を柔らかくしたい思いで綴ります

カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
こちらもどうぞ
もしも広告付けるなら
↓こんな方法が便利ですょ
忍者AdMax



リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。