スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供が熱を出しまして…

数日前から
子供が熱でグッタリしてます。。

薬を飲んでますが、
なかなか良くならないですね。

やんちゃで
イタズラする度に怒ってましたが
そんな元気も無いようです。

もう、
好きなだけイタズラしていいから
元気になって欲しい…
スポンサーサイト

ビデオカメラの功罪

子供の大きな行事には
あたしも含め、多くの方が
ビデオカメラを回します。

発表会や運動会、
我が子の位置を瞬時に把握し
液晶画面越しに見失わないよう
集中力を維持する親の姿は
戦場カメラマンに匹敵するほど
真剣そのものです。

撮り直しが出来ませんからね。
失敗は許されません。

前日はバッテリーと撮影可能時間を
念入りにチェックします。


ま、
そこまでして撮りだめた映像ですが
その後、そんなに頻繁に観ることもなく
言ってしまえば親の自己満足かもしれませんね。


それと、ふと思うことに、
ビデオの撮影に夢中で、
生で子供の勇姿を観ることが
出来ないというのは皮肉なことです。

さて
明日は我が子の卒園式です。
ついこの前、入園(集団社会にデビュー)
しましたが、あっという間に卒園。

早いものですね。



明日は涙越しにちゃんと撮影出来るか、
とても不安です。。

横田さん夫妻の笑顔

横田さん夫妻が
めくみさんの娘と面会したとのニュース。

会見で笑顔を見せられてます。

ニュース記事


(かなり長文を書きましたが、
思い直して全部消しました…)


私ごときには到底想像し難い
悲しみを受けられたと思います。

ご夫妻に
今後も多幸ある事を切に願います。

STAP細胞の小保方さんの件

STAP細胞がどうであるかは
この際どうでもいいです。
遠からず結論が出るでしょう。


彼女への評価について
マスコミの持ち上げ方、落とし方が
本当に嫌らしく思います。

彼女に対する最近の寝返り報道、
及び、
匿名バッシング(ニュースのコメント欄等)

そうすることが
今後、彼女に何が起こる可能性があるか
想像が出来ないのでしょうか。

批判に耐えられる人もいれば
耐えられない人もいる。

もし耐えられない人だったら?

万が一、自ら命を断とうとしたならば?


みんな批判してたもん。
ぼくだけじゃないもん。
マスコミが煽るのか悪いんだ。


などと
一斉に責任転嫁の流れになりませんか?

大人がこんな事だから
子供達のイジメは絶対なくならないのでしょう。


真実はともかく、
真実はともかくです。

今のネット上に渦巻く
口汚いバッシング表現は
決して子供に見せたくない。


集団の中でバッシングすれば
別に何を言っても良いという風潮。

例え今回の論文がこれまで伝えられた評価を
本当に裏切るものであったとしても、
だからといって
彼女を死に追いやって良いなんて事は
絶対にあってはいけない。

言葉の暴力には、
人を死へ追いやるには十分の力があります。

彼女を擁護するというのではなく、
そうではなく
批判するにしても
「模範となる批判」を意識すべきで
何やらチンピラの因縁のような
そんな言葉が錯綜するネット上の世界は
それこそ民度が低く映ります。

台風予想針路について

季節外れも甚だしい訳ですが
書こう書こうとしてて忘れてました。



例えとして二年ほど前の台風針路図を載せてます。

これは全くの主観的なことですが
台風予想円に必ずと言っていい程
日本列島を含ませる事が多いなぁと
感じます。

これまた主観ですが、
「予想に保険をかけ過ぎ」
ではないかと思ってしまうのです。

実際、台風が上陸するのは
年に2~3回程度ですよね。

はい、もちろん
気象庁さんの考えは痛い程わかります。
そういう予想の方が注意を喚起出来ますし、
予想が外れた場合でも、
上陸しなくて良かったね、みたいになりますし、
逆に予想円に日本列島を含めて無くて
上陸しちゃったら多分バッシングを受けます。

ってなわけで
どうしても台風上陸の予想を
含めてしまいがちになると思われます。
(あたしが仮に予想する側であったら
そうしちゃいます、多分…)







もし本当にそのような保険があったとしたなら
果たしてどうでしょう、その予想概念。。

マスコミさんはそもそも物事を
大袈裟に流したがります。

それにより、
見る側、聞く側もその大袈裟な情報に
慣れてしまいます。

311の津波警報なんかまさにそうでしょう。
それまでも結構、
津波警報は発令されてましたが
その時の被害として大きいものでも
停留してた漁船が何艘か引っくり返った
程度だったと思います。

そう、
明らかに津波警報は軽んじられてきました。


台風に関しても
本当の予想として根拠のある進路を
示すべきだと思います。
毎回、毎回、
まだ全然遠くにある台風が
日本列島のど真ん中を横切る予想を
立てられると
それに慣れてしまい、
「どうせまた外れるでしょ」
なんてことになりそうです。。


注意喚起は必要です。
ただ、
仮に予想を捻じ曲げていたとするなら
後々、予想の信頼が揺らいでしまうと思います。




と、

ここまでの話は
気象庁の方が
若干、手心を加えた予想をしている
前提で書きましたが、
まあもちろん、そんな事はなく
機械的に予想を出してるのなら
あたしの考え過ぎであり
誠に申し訳ないのですが。。。

例年、あまりにも列島上陸の予想が
外れ過ぎと感じましたのであえて書いて見ました。

償い

10年くらい前に話題になったので
ご存知の方も多いと思います。

歌手・さだまさしさんの曲で、
交通死亡事故の加害者と被害者について
実話を元に作られたとのこと。

「償い」(←youtubeのリンクです)
※映像のアニメーションは、Upされた方の脚色のようです


この曲はある事件の裁判で
裁判官が被告に対して
「この曲を聴いたことがあるか?」
と、曲名まで示して反省を促すという
異例の展開がマスコミにも大きく取り上げられました。

私も聴いたときには感銘を受け、
これは車を運転する機会のある全ての方に
聴いてもらうべきだと感じました。


「4373人」


昨年度の交通事故死者数です。
毎年減っているとはいえ、
1日に10人以上の方が亡くなっています。

被害者と加害者が仮に同数だったとして、
4373人×2=8746人

この8746人は
その日、まさか自分が交通死亡事故に関わるとは
夢にも思っていなかったでしょう。

車の運転なんて、これまで無事故無違反であったとしても
今日、事故を起こさないという保証はどこにもありません。


自分の人生も、他人の人生も大切にしたいですね。

例えばコンビニのおにぎり

おにぎりって
コンビニなんかで100~200円位で
売ってますよね。

この値段って妥当かな?とかって
考えたりするんです、たまに。

原価だけで考えると
割高に思えますよね。
米、海苔、具材少々で
20円かからない気がします。

そうではなく、
おにぎりを今、この瞬間に
好きなトッピング(?)で
食べることが出来ると考えるなら
これはもう激安です。

何の取り柄もない、いち個人が
『おにぎり』を作ろうとすれば、

水田で米をつくり、
海で海苔を育て、
川で鮭を採り、(具がシャケの場合)
それらを調理し、
包装して、
食べたい所まで運ぶ…

こんなの個人で最初からやろうと思ったら
軽く数億円はかかりまっせ。。

それがなんと100円程度で簡単に手に入る。



はっきり言って激安です!



そなんすよ、
当たり前に手に入るものでも
当たり前に作れる訳じゃないんですね~




ってのを
どう子供に分かりやすく伝えようか、
模索中…

「親が悪い」という意見

年に何回か、
子供にとって
とても痛ましい事故が起きます。

小さい子供が川で溺れたり、
のどに食べ物を詰まらせたり、
電車と接触したり、
車に巻き込まれたり…。

そんな事故が起きるたびに
必ず以下のような反応があります。


「親は一体何してた」
「小さい子供からなぜ目を離す」
「子供を一人にした親が悪い」


そんなこと言われなくとも
子供の親は事故が起きたその瞬間から
自分を責めて責めて責め続けているに
違いありません。

そして恐らく
未来永劫、その後悔は消えることは
無いでしょう。

考えたくもないですが
想像を絶する辛さだと思います。

そんな親達に向かって
わざわざ追い打ちをかけることは
同じ子供を持つ親として
とても悲しい気分になります。

「親が悪い」

確かに誰が悪いのかと問われれば
そういうことになるでしょう。

事故を未然に防ぐ事が出来るのは
親であるケースが大半でしょうから。



ただ



全く子供から目を離さずに
行動の全てを親の範疇とする事など
絶対に不可能です。

子供は人間であり
犬のように繋がれてる訳ではなく
徐々に行動範囲を広げ
予想だにしない動きをすることもあります。

それは
誰もが通って来た道です。

どこの家庭でも事故が起こる可能性は
ゼロではありません。
なので、子供が絡む事故が起きた場合は
その事故を教訓に
我々の身の回りでそのような危険が無いか
再確認を行う。

事故の起きる可能性を限りなくゼロに
近づける。

言うなればそこが
事故に対して我々が取るべき着地点であって、
不幸にも子供を亡くした親に
過剰なまでの辛い言葉を
次々に投げかける事をやるべきでは無い。

と、思います。








あ、話は戻りますが
昨日の記事に梅の写真を載せました。
あれ、実は盆栽なんです。


自然の造形と香りを
盆栽という小さな世界にギュッと濃縮して
それを家の中で楽しめるなんて
何と贅沢なことなのでしょう!


ただ、あれですね、、
もちっとそれらしい“鉢”に移さないと
もったいないですな。。

梅の花

良い感じで開花してます。



昔の人も
同じ形、同じ匂いの梅の花を見て
春の到来を感じていたのでしょう。


…なんて考えながら
飽きずにず~と眺めてました。

もったいないくらい
平和です。

花粉症…

う~ん、実は花粉症でして。。


「花粉症」って言うと、軽く思われがちですが
「アレルギー性鼻炎」と言っても
これまた軽く思われるところが辛い…


5~6年前からですよ、症状が出だしたのは。
それまでは全く大丈夫だったので、
「花粉症?鼻水が出るだけでしょ?」
みたいに思ってました。


やっぱし経験しないと
この辛さは分からないですよね。

辛さをまとめるとこんな感じです。

・鼻が詰まって食べ物の味が分からない
・鼻が詰まって口で呼吸するので、
朝、起きると喉がガラガラ
・目玉の裏っかわまで痒い
・喉のあり得ない部分が痒い
・上を向いて寝ると鼻水で溺れそうになる
・マスクでメガネが曇る
・熱っぽく、頭が痛く、ボーっとする
・杉林を見るだけで鼻水が生産される
花粉症に理解の無い人に経験させたい


まあ、GWまではこんな感じですが
今年は症状が軽く済むことを切に望みます。
プロフィール

カタイカラダ

Author:カタイカラダ
1mmでも体を柔らかくしたい思いで綴ります

カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
こちらもどうぞ
もしも広告付けるなら
↓こんな方法が便利ですょ
忍者AdMax



リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。